ブルーベリーな気分

40歳からのトレーニング

e0186025_22192620.jpg
40歳になって初めてのギックリ腰。それから慢性の腰痛になって3年。改善の兆候もなく、なんだか
情けない自分と向き合う日々。半年前だったかマットレスを整体の先生の薦めで変えてから、
腰痛が激変して行くのが体で感じとれるようになり、今では、ジムに通えるくらいになってしまいました。

完治とは行きませんが、この腰の軽さ滑らかさ、ビックリしてしまいます。
うまく行けば、完治かなって期待はしているのですが油断は禁物。

「ピンチはチャンス」と先生からよく教えを頂き、腰痛になってから自身の体と真正面から向き合える自分に
なりました。若かりし頃は、厳しいトレーニングを積めばいいと勝手に思い込んで、機具を使ってのトレーニングをガンガンやっていた時代もあります。それはそれで、強くなった自分に出会えたのでよかったのですが
40歳、20代と同じトレーニングを積んでいては体を壊すってことを腰痛になって学んだ訳です。

何を学んだかと言うと、量じゃなく質ってことです。腕立て200回よりも、正しいフォームと呼吸法で10回を
3セット。これが今の僕に合うトレーニング方法だと言うことです。腰痛改善に向けてのイメージとしては、
まずは、柔軟性を高めること。そして、運動。量じゃなく質で。もちろん走ることも取り入れなくてはいけませんね。
けれども、やみくもには走らないがコツです。例えば、トータル距離2000M。それをどう走るかが重要です。

それから、体内のアドレナリンが爆発する仕掛けも大切ですね。
そこは、僕のアレンジ。

ポイントにする時は、ジムへ。
トレーニング環境に変化を持たすこと。とても大切なことって思います。
必ず人間は、同じだと飽きますから。

腰痛完治へ向けてのトレーニング、まだまだ改善しなくてはいけない所もあります。
ライフスタイルに組み込んで、自身のメッソドを作り上げたいものです。
[PR]
by ar51 | 2014-11-20 22:19 | 我が家と日常