ブルーベリーな気分

<   2012年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

RECON 8800 LUMINOX

e0186025_18363833.jpg


かなりいいです。ルミノックス リーコン 8800 従来の定番シリーズから
一歩抜け出たデザインと機能。そして、質感。コストパフォーマンスを考えると
偉いとしかいいようがありません。

男なら持っていても後悔なしの1本です!
[PR]
by ar51 | 2012-08-29 18:44 | お気に入り

AR70 始動! 2012年 

e0186025_1710356.jpg


シーズン到来!稲刈りが始まりました。まずは、早生品種のコシヒカリから。
朝からガンガン刈り取りましたよ~

今日から始まった40数日の戦い。刈り取りシーズン気合で駆け抜けます。

さあ~

よっさん、頑張るぞ!!!
[PR]
by ar51 | 2012-08-27 17:19 | 田んぼ

お盆を過ぎると秋

e0186025_18233690.jpg

まだまだ残暑が厳しいですが、日中以外を外すと
秋の気配を感じる時があります。

少しづつですが秋が、近づいているのかな。

週明けは、稲刈りが始まります。
遂にやって来たかって感じです。

まもなく、僕のシーズン到来。
[PR]
by ar51 | 2012-08-25 18:26 | ブルーベリー

稲の花が咲いています。

e0186025_21423736.jpg

品種、日本晴。お盆を過ぎるころが開花時期。
収穫は、10月上旬。

今年も順調に生育してくれています。

収穫高が上がることを祈り、圃場管理。

しかし、暑い日が続きます。

ぼやきたくなります。。。
[PR]
by ar51 | 2012-08-21 21:45 | 田んぼ

茶屋前で

e0186025_22242952.jpg


ブルーベリー茶屋の前で、なんだか珍しい自転車を発見。
電車の中では、折りたたみ、最寄りの駅から農園まで
こちらの自転車で来園を頂いたそうです。

ガッツあるお客様に感謝。

ありがとうございます!
[PR]
by ar51 | 2012-08-19 22:26 | ブルーベリー

田んぼの様子

e0186025_14225866.jpg

5月に田植えをした田んぼ。もうお盆の頃
になると稲穂が現れています。

今年も、いよいよ稲刈りシーズンが、
まもなくやってきます。

気合で乗り切ろう。

そんな感じです。
[PR]
by ar51 | 2012-08-17 14:29 | 田んぼ

今日も元気です。畑のブルーベリー

e0186025_1417414.jpg

ブルーベリーの摘み取りも中盤から後半へと移って
行く中、畑を散策してみると、いい色に輝いて
くれています。

あの濃紺の色を見てしまうと元気が出てきます。

ブルーブラック。

僕の中では、黒い宝石。

昨日の夕立で、水分が供給できたのか、
粒が大きくなっている気がします。

水分を補給し、たくましくなってくれた感じかな。
[PR]
by ar51 | 2012-08-13 14:24 | ブルーベリー

ダークナイト ライジング

e0186025_1744454.jpg

お盆休みが始まりましたね。田んぼと畑の
仕事がまだまだ続く毎日ですが
合間を見計らって見てきました。

ダークナイト ライジング

そう、

バットマンです。

シリーズもので、大好きな作品ですが、今回も派手なアクションに感動。
疲れている時は、何も考えず、こんな映画は最高です。

前回に続き、乗り物もグレードアップ。

ミニチュアが欲しいと思ったくらいに
かっこいい。

お盆休みにお勧めの1本です。
[PR]
by ar51 | 2012-08-11 17:52 | お気に入り

夏日が続きますね。

e0186025_16472194.jpg

夏日が続きます。

バテぎみですが、ブルーベリーに、田んぼの生育は、
良好です。稲の刈り取りも8月下旬くらいから
できそうな感じ。


いよいよ僕の季節って感じです。


その前に、この暑さを何とかしてほしい気分です。
[PR]
by ar51 | 2012-08-09 16:56 | 我が家と日常

新チーム始動!

夏季総体も終了し、大半の3年生は、この大会で部活動は終了。受験勉強に専念です。
総体を振り返ると、我がチームは、入賞者5名、全国大会出場1名、近畿大会出場者2名の
堂々たる成績です。女子総合も8位入賞、僕からみれば、部員40名ほどのチームと考えると
大健闘です。よくやってくれたと思います。

しかしながら、僕の担当の長距離部門は、残念ながら入賞者なしで終わりました。

敗因はどこにあるのか、僕なりに考えるのですが、自分を追い込む練習が足りないのかなって
感じる所はあります。けれど、まだまだ中学生、走れ走れの練習では、結果はすぐに出せますが、
長い目で見ると走ることにいや気がさします。僕も経験済み。

中学で陸上をやめ、高校・大学は、アメフトを選んでしまいましたから。

強くさせることもコーチの使命ですが、部活動は、強い選手だけを育成させることではないと
監督を通じて学んだことです。そのへんのさじ加減が非常に難しい。

そう考えると、監督は、実にうまく選手を育てられる。

2年前、彼らが1年生の時のことを思い出しますが、ほんまこんな選手達で勝てるなかなって
正直、思いました。けれど、どうでしょう、女子総合8位ですから、チーム力がある証拠です。
監督の選手育成の成果なのです。

僕もこの監督の下で、一から出直し、新チームで秋季総体を目指します。



あっ

そうそう。



部活引退から7日目、夏季総体、おしくも入賞には届かなかった、長距離の愛弟子。
2年生時は、一時、どうなってしまったのかと言うくらいの大スランプ。
走るのをやめるのかと思ったくらいでした。

けれど、昨年の駅伝の頃から復活。今期、精神的にもたくましくなり、総体の調整期間の練習は
最後だからと納得できる練習をと監督に志願。僕から何を言うことなくもくもくと練習を
してくれた7月。

成長してくれたなって、ほほえましかった。

そんな愛弟子が、早朝、僕が軽トラに乗って歩道を見ていると、トレーニングしている
じゃないですか、走っているのです。誰に言われることなく、これこそ自分で。自らです。

おはようと声をかけると、また、いい顔してくれました。
あの顔は、ほんと本物です。

入賞や近畿大会出場がすべてではなく、部活動を通じて人を育てること、ここに監督が
言われることがすべて詰まっているなと、再確認できた今朝の出来事でした。
[PR]
by ar51 | 2012-08-07 19:19 | 陸上部