ブルーベリーな気分

<   2012年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

年末

e0186025_13373429.jpg

大掃除に餅つき、そして、年末夜警。
ようやく年末の大きな仕事も終了しました。

ほっと一息。


夜警は3日間、地域の消防団に属している為
夜の9時から深夜1時まで。

何をしているのかと言えば、自治区の巡回なのですが特別どうのこうのでもなく地域ボランティアです。

けれど、自治区の先輩や同級生も集まるので、
近所の親睦は、深まるかなと、良い所もあります。

6日は、出初式。
頑張って来ます。

では、みなさま良いお年を!
[PR]
by ar51 | 2012-12-31 13:56 | 我が家と日常

トヨタ博物館

e0186025_1413313.jpg


冬休み。息子と日帰り旅行。トヨタ博物館へ。トヨタ車以外の車も展示され、自動車文化の様子が一目で分かる博物館です。
新館には、高度成長時代の様子が車や展示品から伺え、興味をそそらしてくれるコンセプトの元に展示品がズラリ。
懐かしい~って思わせてくれる空間でした。

e0186025_14194939.jpg


一番に目に飛び込んだのは、シボレーのクラッシクカー。ボディーとホイールの色がかっこよかったです。

e0186025_1421361.jpg


これは、シボレーのエンブレム。かっこいい。

e0186025_14223220.jpg


こちらは、ブガッティ。昔、カーグラフィックTVのオープニングで出てきていました。
初めて見ることに感動!

色も、まったく同じ。

e0186025_1423368.jpg


そして、ジャガーEタイプ。こちらは、名車中の名車。写真でしか見たことなく実物は、初めて。

e0186025_1424318.jpg


室内の様子。赤のレザーシートがしびれますね。

e0186025_1425954.jpg


今日の本当のお目当ては、2代目ソアラ。写真、右一番上。当時、高校時代、排気量3000cc・α7Mのエンジンを積み
出力240PSと聞かされ、どんなスピードが出るんだろうと興味を抱いたトヨタの名車の一台。
欲しかった~。僕の憧れた一台。色は、パールツートンのやつ。

もちろん展示されているだろうと思いきや、初代のソアラしか。。。

初代じゃあかんのや~

2代目じゃないと。。。。

そんな思の中、カタログを眺めてきました。

けれど、僕。このカタログ持っているんです。それも新品。免許とりたての頃に、一番にトヨタの
ディーラー行って、ソアラのカタログもらいに行き、いまでも大切に保管しています。

憧れの一台。心の中で大切にしたいものです。
[PR]
by ar51 | 2012-12-25 14:44 | 我が家と日常

まもなくクリスマス

e0186025_19134180.jpg

まもなくクリスマス。僕もサンタになる日が
やって来ました。街へ出ると鮮やかな飾り物
がたくさん。

こちらは、京都駅の巨大ツリー。

クリスマスの準備なのか、電気が切られていたようですが、デカイなと毎年おもわせてくれるツリーです。
[PR]
by ar51 | 2012-12-23 19:18 | 我が家と日常

海北友松

e0186025_17325723.jpg


安土桃山時代~江戸初期にかけての絵師・海北友松。生まれは滋賀・湖北地区。代表作として建仁寺の竹林七賢図、雲竜図
などなど、重要文化財ばかり。建仁寺に友松の作品があると聞き見に行ってきたのですが、実は、建仁寺にあるものは、コピー
だそうです。。。

本物は、すべて京都国立博物館へ寄贈とのこと。
けれど、コピーとは。。。

コピーをした会社は、天下のCANON。素人が見るとまるで本物です。
CANONの創業者、名前は分からないのですが、ご先祖のルーツをたどると建仁寺と深い関わりが
あったそうです。ですので、カメラを開発した時に、この建仁寺のご住職にカメラを持参し見てもらいに行かれたそうです。

その時に、ご住職から、この器械は、ひとの心を表現できる素晴らしい発明だとたいそうお喜びになられ、まるで観音さまのようだと言われたらしいです。そこで、社長は、屋号を観音さまにちなんでKWANONにされたのでした。

しかし、この当時高価な精密機械カメラは、日本で商いができるほどまだ需要はなく海外へ輸出を
考えなくては行けませんでした。輸出となると、屋号のKWANONは、いまいちとのこと。
そこで、頭をひねりKWを C に替えて今のCANONの屋号が出来たらしいです。

そんな、CANONと御縁がある建仁寺。もちろん、友松の絵図のコピーも御手洗会長のひと声で
コピー代金は、無料だったそうです。

ちなみに、友松の50面からなる絵図のコピー。お見積りは、なんと1億円だそうです。
そりゃ本物になるはずです。

e0186025_1823027.jpg


こちらは、雲竜図。スケール感に圧倒です。
次回は、本物を博物館へと見に行きたいところです。

建仁寺では、本物は見れませんでしたが、面白いお話をお聞きすることができ満足でした。
[PR]
by ar51 | 2012-12-19 18:12 | 我が家と日常

陽気な日

e0186025_11373533.jpg

どんより曇り空の多い滋賀県北部。
僕の住む町。

12月~2月にかけては、そんな感じです。

けれども、時たま、心地よい日差を受ける時が
あって、普段が普段だけあって嬉しくなります。

もうすぐ、クリスマス。

今年は、雪なのかどうなのか。
天候が天候だけに華やかに行きたいものです。
[PR]
by ar51 | 2012-12-17 11:44 | 我が家と日常

もみじ

e0186025_1526516.jpg


日差しが戻ると、もみじの葉が特に鮮やかです。今年の紅葉シーズンは、慌ただしかったので
ゆっくり、紅葉を観賞できなかったですが、今になって紅葉を楽しんでいます。

e0186025_15292316.jpg


もう一枚。もみじの葉。

そろそろ、落葉でしょうか。
畑のブルーベリーの葉も随分と落葉しました。

冬ですもんね。
[PR]
by ar51 | 2012-12-14 15:31 | 我が家と日常

やっと晴れました。

e0186025_16573827.jpg

ここ数日、真冬の寒さに雪。悲しくなります。
けれど、やっと晴れてくれました。

たまに訪れるランニングコースのある風景。

雪の降る前だと、紅葉がもっと綺麗だったかと
感じさせてくれましたが、里山的な空間は、
お気に入りです。

きけんの看板だけがじゃまなのですが、
落ち着く空間です。
[PR]
by ar51 | 2012-12-13 17:06 | 我が家と日常

松阪大学・アメリカンフットボール部 OB会

e0186025_1440074.jpg


大学時代、アメリカンフットボール部を創部し、青春を謳歌していました。
卒業から30代前半までは、毎年のように、創部時代のメンバーは
集まっていたのですが、みんな結婚してから集まりが遠のいて。。。

けれど、40歳になり記念としてハドルしました。

場所は、もちろん松阪。

駅を降りて懐かしさが、じ~んっと。10年ぶりです。
田舎の地方大学でしたが、そんな田舎やったからこそ
何か燃えるものがないとって考えることができた空間でした。

高校時代からやっていたフットボールを続けたかっので、体育の授業で
一緒だったメンバーが中心となり創部したのです。


後岡
哲ちゃん
黒川くん
とら

そして、今回、幹事役の松ちゃん。

集まってくれて、ありがとう。

やっぱりこのメンバーは、楽しすぎる。


また、来年、ハドルしよう!
[PR]
by ar51 | 2012-12-09 14:55 | 我が家と日常

高橋の手帳

e0186025_18315694.jpg


12月は、来年の手帳を買い替えるシーズンになってます。長年の愛用は、高橋の手帳。
今年のバージョンは、外観のデザインが若干変更されていました。

一瞬、違うメーカーにしようか悩みましたが、僕のスケジュール管理は、この手帳が一番。
中身で勝負と言うことで、引き続き高橋の手帳で来年もお世話になることにしました。

来年は、予定がいっぱいにスケジュールが埋まるでしょうか。
やりたいこともイメージが湧き出し、活動的なシーズンを送りたいです。
[PR]
by ar51 | 2012-12-05 18:37 | お気に入り

e0186025_16551648.jpg

もう師走ですね。早いな~が正直な感想。
畑に行くと、霜が。

そりゃ寒いはずだ。

けれども、今日は穏やかな天候。
剪定作業も進みました。

天気予報を見ると、週の中頃は、雪マーク。
剪定作業がひと段落つくまで雪は、待って欲しい。

そんな気分になります。
[PR]
by ar51 | 2012-12-03 16:58 | ブルーベリー