「ほっ」と。キャンペーン

ブルーベリーな気分

<   2013年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

TB-03 GT-R  完成

e0186025_1719135.jpg


秋に製作を再開したTB-03。年末を利用して遂に完成!
まずは、ノーマル使用の走りを観て主要なパーツを組み入れたいかなと考えています。

模型にしろ実車にしろ、車を見ているとドキドキするものです。
童心に帰ってしまった感。
シェークダウンが楽しみ。
[PR]
by ar51 | 2013-12-28 17:27 | ラジコン | Comments(0)

メリークリスマス

e0186025_2129042.jpg


今年もJR京都のクリスマスツリーを見ました。
夜の電飾を見るのは初めて。

青の光線が、時代の流行りなのでしょうか
僕は、どちらかと言うと電球そのものの色の方が好きです。

けれども、スケールの大きなツリーは、やはり迫力が違います。
大勢の人・人・人

来年は、そろそろ違うツリーを探そうと思います。
[PR]
by ar51 | 2013-12-25 21:35 | 我が家と日常 | Comments(0)

Mechanix

e0186025_17103054.jpg


寒さが本格化してきました。薄くて、強くて、温かい。
僕の要望を叶えてくれたグローブを発見しました。

メカニクスの作業グローブ。

小さなネジもつかめます。
指先の自由も完璧。

お気に入りです!
[PR]
by ar51 | 2013-12-18 17:16 | お気に入り | Comments(0)

名古屋モーターショー 2013

e0186025_21234199.jpg


2年に1度の車の祭典。東京で始まり、名古屋に来ました。次週は、大阪だそうです。
外国、国産、各メーカーの気合の入ったブースを見て回りました。

東京での演出は、おそらく、外国車も華やかだったのかなと想像はつくのですが、名古屋では
ちょっと照明の演出が期待外れでした。新型の車があれでは、ちょっと可愛そうって感じ。

国産は、お金がかかてるなって言う印象の各ブース。

今回は、スバルのブースが特によかったです。落ち着きがあって、新車の気合が感じられました。
デザインが以前にもましてカッコイイ。斬新になりましたね。もともと、水平対向エンジンや4WDの技術は、
世界でも評価されていて、技術は一流と感じてはいたのですが、乗りたいデザインかと言えば、はてなマークでした。

けれども、最近は、違いますね。
かなりいい出来栄えです。

来春の新型のステーションワゴンもいい感じ。
こうなれば、軽トラもOEMをやめて以前に戻して欲しいと願いたくなります。
[PR]
by ar51 | 2013-12-14 21:39 | 我が家と日常 | Comments(0)

剪定作業が続きます。

e0186025_17141411.jpg


天候とにらめっこしながら、剪定作業が続きます。
晴れたり、曇ったりと安定しない天候ですが、冬の管理作業の一番重要な時です。
少々の寒空でも、勇気を出して畑仕事です。

週末の天気予報を見ると雪マーク。
ついに本格的な冬がやってきますね。

それまでに剪定作業を終わらせたいのですが、
もうしばらくかかりそうです。
[PR]
by ar51 | 2013-12-11 17:21 | ブルーベリー | Comments(0)

KEIBA ラジオペンチ

e0186025_1881631.jpg


Maid in japan ケイバのラジオペンチ。
ペンチの先のかみ合わせの次元が、そこいらのものとは全く別物です。

手になじむ質感と光沢。最後は、職人さんの手仕事で仕上げを行っていますの
一言で購入を決めてしまいました。

見ているだけでも綺麗な工具は、一生物のお付き合いができます。
[PR]
by ar51 | 2013-12-09 17:46 | お気に入り | Comments(0)

L.L.Bean トートバック

e0186025_2023336.jpg


仕事かばんをあれやこれやと考えタイプの違うものを試したものの
しっくりこなくて、やっぱり最後は、L.L.Bean トートバックになりました。

強くて頑丈。そして、間口が大きく、キャンバス地なので型崩れなし。
すばやく必要なものが取り出せる。しばらく、必須のアイテムです。
[PR]
by ar51 | 2013-12-07 20:29 | お気に入り | Comments(0)

Because we can Tour  大阪 2013・12・3   Bon jovi

e0186025_17253834.jpg


開園19時、遅れること10分。Because we can Tour  京セラドーム が幕を開けました。
オープニングは、What about now から That's What The Water Made Me  
バックからジョンが現われ大歓声。黒のアコースティックギターを片手に、ニッコリスマイルが印象的でした。

往年のナンバーが続きますが、どうもジョンの調子がいまいち。。。

期待のBecause we can も迫力に欠け。。。

けれども、In These Aems で、キーボードのデビットブライアンがVoに変わって魅せてくれました。魂を感じる叫び。
感動でした!!!

今回のツアーには、ギターのリッチーが不参加。そして、ジョンの調子が上がらずとなればと
ばやきたくなるLIVEでしたが、デビットブライアンがすべて消してくれました。

いろんなブログを読むと、9曲目のIn These Aems 、ジョンが裏へさがったのは、ハプニングと
書かれていました。おそらく、かなり調子が悪かったのでしょうね。

以後、ガムを噛んで、喉をうるをしていたような。。。
中盤にかけては、前半より調子はよくなり、ニッコリスマイルも度々。

個人的には、I`ll be there for you が選曲されていなかったことが非常に残念。
リッチーがいないから仕方ないかと思いながら、最後は、Livin`on a prayer 
大合唱で幕を閉じました。

前回の東京ドームより、京セラの方が音響は、格段に良かったような気がしました。
席にもよるのかなって思うのですが、LIVEに来てるって感じのお腹に効く重低音。

次回の日本ツアーは、リッチーとジョンのI`ll be there for you に期待です。
[PR]
by ar51 | 2013-12-04 17:31 | お気に入り | Comments(0)

醒ヶ井・養鱒場

e0186025_17224858.jpg


紅葉と思い醒ヶ井・養鱒場へ足を運びました。
ここのもみじは、品種が違うのか、ほとんどが落葉。
ちょっと残念。シーズンが終わっていました。。。

けれど、初めて訪れる場所はいいものです。

来季、チャンスを見て、もう一度、訪れたいですね。
[PR]
by ar51 | 2013-12-02 17:29 | 我が家と日常 | Comments(0)