ブルーベリーな気分

<   2014年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

剪定講習会が終了

e0186025_17275749.jpg
普段は、フェイスブックを通じてつながりあっているタートルズ。デジタルの力を借りて仲間との
交流も面白いです。けれども、リアルには、やっぱり勝てないなってのが本音。
3年目の弟子に初年度の弟子が集合。共通の目的がある仲間は、集まると楽しすぎる。

3日前から始まった、剪定講習会も無事に終了。
腕をあげたなって感じさせてくれる弟子達。
初めてにしては、なかなかやるやんって思う弟子。

いろんな成長を見せて頂けることは、非常に喜ばしいことです。

剪定技術は、理論です。暗記ではありません。
理論どうり、明日から畑でブルーベリーと格闘してください。

次回は、来年の鹿児島ミーティング。よしにゃん大会場たのんだで~(笑)
議題は、観測した新品種についての研究発表会。
みんなで、大いに盛り上がっていきましょう!

今日は、お疲れさまでした。

まだ、みんな帰宅の車でしょうか。。。
[PR]
by ar51 | 2014-11-29 17:28 | 我が家と日常

剪定講習会が始まった。

e0186025_19261322.jpg
僕のブルーベリー栽培学校の新しい弟子。夫婦でブルーベリー園を経営したいって門を叩いてくれました。
夢を実現させるためのお手伝いが始まった訳です。

今日、はじめてブルーベリーの枝にハサミを入れたとのこと。初めは、どこをどう切っていいのか頭が真っ白になって動揺してしまったかな。けれども、イメージが固まると、もう午後には素晴らしいパフォーマンスを発揮。なかなかいい感じでした。

はにかみやさんの優しさあふれる弟子で、からかうと照れちゃって、無茶おもしろい。
なかなか、真面目な性格で、指導させて頂いたことが素直にできるところが素晴らしい彼です。

しばらく、実技指導と机上論の学習になりますが、夢の為にがんばってついて来てほしいです。

夢は、語り続けるから実現する。

ソフトバンク社長の孫さんの言葉。

さあ~

今週末も弟子達と格闘です。
[PR]
by ar51 | 2014-11-27 19:30 | ブルーベリー

布袋寅泰 JAPAN TOUR 2014 Into the Light

e0186025_2031782.jpg
この光景、雲の上に自分が浮かんでいるかのようでした。
布袋寅泰 JAPAN TOUR 2014 名古屋センチュリーホール。

照明の鮮やかさ、音響、選曲、そして、布袋さんの魂とホールの一体感。
僕の中では、すべてパーフェクト。みんなも、そう感じているはずです。
そんなLIVEでした。

ここ数年、何か違う自分があり、迷い、だからロンドンに飛び出し、
小さなLIVEを重ね、自分を見つめなおし、New Beginnings 
と言う形で、僕たちファンの前で答をだしてくれたそうです。

ギターがたまらなく弾きたく、ギターで歌うアルバムを作ったとも
LIVE会場で語ってくれました。

プロフェッショナルに徹っした、プレイスタイル。胸にギュイーンと突き刺さる音。
C`MON EVERYBODY なんて自分を忘れてしまいました。

パフォーマンスもそうですが、言葉一つ一つに重みがあって、
布袋さんは、ほんとジェントルマンって言う言葉があてはまります。

僕も近づけるか、布袋さんに。こんな凄い人に。
LIVE終了後、そんなことを考えながら会場を後にしました。

布袋さんから、たくさんの気持ちをもらいました。あと2014年も1ケ月ちょっと。
LIVEで充電も満タンになったことだし、このエネルギーで、これから迎える
師走を駆け抜けたいです。

布袋さん、LIVEありがとうございました!
[PR]
by ar51 | 2014-11-25 20:32 | お気に入り

夕方

e0186025_2154419.jpg
11月下旬。陽の落ちるのも早くなってきましたね。夕焼け空もあっと言う間に暗闇になってしまいます。
夕焼けを眺めていると今日も仕事したって思う瞬間です。と同時に、また、仕事がんばろって思う気分にも
なります。来週は、アタッチメントを再び取り換えて草刈の再開。

気合です!
[PR]
by ar51 | 2014-11-23 21:05 | 田んぼ

40歳からのトレーニング

e0186025_22192620.jpg
40歳になって初めてのギックリ腰。それから慢性の腰痛になって3年。改善の兆候もなく、なんだか
情けない自分と向き合う日々。半年前だったかマットレスを整体の先生の薦めで変えてから、
腰痛が激変して行くのが体で感じとれるようになり、今では、ジムに通えるくらいになってしまいました。

完治とは行きませんが、この腰の軽さ滑らかさ、ビックリしてしまいます。
うまく行けば、完治かなって期待はしているのですが油断は禁物。

「ピンチはチャンス」と先生からよく教えを頂き、腰痛になってから自身の体と真正面から向き合える自分に
なりました。若かりし頃は、厳しいトレーニングを積めばいいと勝手に思い込んで、機具を使ってのトレーニングをガンガンやっていた時代もあります。それはそれで、強くなった自分に出会えたのでよかったのですが
40歳、20代と同じトレーニングを積んでいては体を壊すってことを腰痛になって学んだ訳です。

何を学んだかと言うと、量じゃなく質ってことです。腕立て200回よりも、正しいフォームと呼吸法で10回を
3セット。これが今の僕に合うトレーニング方法だと言うことです。腰痛改善に向けてのイメージとしては、
まずは、柔軟性を高めること。そして、運動。量じゃなく質で。もちろん走ることも取り入れなくてはいけませんね。
けれども、やみくもには走らないがコツです。例えば、トータル距離2000M。それをどう走るかが重要です。

それから、体内のアドレナリンが爆発する仕掛けも大切ですね。
そこは、僕のアレンジ。

ポイントにする時は、ジムへ。
トレーニング環境に変化を持たすこと。とても大切なことって思います。
必ず人間は、同じだと飽きますから。

腰痛完治へ向けてのトレーニング、まだまだ改善しなくてはいけない所もあります。
ライフスタイルに組み込んで、自身のメッソドを作り上げたいものです。
[PR]
by ar51 | 2014-11-20 22:19 | 我が家と日常

ブルーベリーの剪定シーズン

e0186025_1741051.jpg


もう気がつくと11月の中旬。田んぼ仕事も落ち着いて、今度は、畑のブルーベリーの管理業務。
第1弾は、剪定作業となります。枝の散髪ですね。これを1年、怠ると来季はとんでもないことに
なって修正するのに3年かかります。

根気のいる仕事なのですが、暇を見つけては畑に通い枝切りですね。

ハサミの大と小。そして、切れ味バツグンのノコギリ。
剪定の7つ道具とでも言いましょうか。

寒空だと気持ちも折れるのですが、年内に剪定作業を終わらせたいな~
[PR]
by ar51 | 2014-11-18 20:51 | ブルーベリー

第65回・滋賀県中学校駅伝競走大会

e0186025_2134458.jpg


胸の高鳴りが抑えきれないスタート15分前のアナウンス。ついに来たなって思う瞬間。
第65回 滋賀県中学校駅伝競走大会。予選ラウンドを勝ち上がり、本戦へ。
まあここまで、春から考え出すといろんな思い出がありました。

とにかく今年は、春から3年生がだらしなかった。どうなってしまったんやって言うくらい。
リーダー不在。中学当時の僕からは考えられへん現象。

けれども、節目を経験すると人間的に大きくなるもの。それが実感できたのが今年の3年生。
こちらが器を大きくし、待つこと耐えること。それしかない。待ってよかった。耐えてよかった。
そう思ったのが10月上旬の朝練。

駅伝練習に来るなんて思ってもみなかった生徒が来てるんです。あんなに練習をふてくされていた
ヤツが、志願して来てるんです。ほんと嬉しかったあの出来事。そこには、一人の成長した選手の影響が
あるのかな。

野球とのかけもち。平気で、俺、野球の為の体力づくりやからって言う生徒でした。
けれども能力は、人並み以上。でも、気持ちは、人並み以下。そんな彼が、夏季総体・男子800Mで
着順4位の堂々たる成績を残すわけです。

それからかな彼の成長が始まったのは。練習へ行くたびに、僕との接し方から練習の取り組み
姿勢がまったく別人になって行くのです。11月には、彼とは、男同士の会話がなりたっていたかな。
信頼関係が生まれて来たのもちょうどその頃。

そこには、夏季総体で陸上で結果を残し、俺がやらなきゃって心底、感んじてくれたんでしょうね。きっと。
それが練習で伝わるんです。前へ出るようになるのです。勝負をするようになるのです。

だから気合の入った一枚を撮ってやりたかった。気持ちって人の心を動かすものですよね。



予選ラウンド、ライバルとの差は、30秒。一度も、勝負ができずタイム差は縮じまらず。また、負けた。
けれども今回、彼が刺した。アドバンテージ13秒で襷をつなぐ。近年の歴史的瞬間。
その瞬間を捉えることができた僕。カメラを持つ手が震えた。

結果は、5区でひっくり返されライバルに負けてしまうのですが、前で勝負ができた。そこに意味があると思う
完敗ではない、ガチンコで勝負を挑み勝った区間もあるってこと。チームにとって大きな前進。

総合タイム1時間1分45秒。着順33位中、22位。着順こそ悪いが、昨年より1分以上タイムを縮じめる
大健闘。みんなよく戦った。監督にスタッフみんなも。

楽しすぎた駅伝シーズン閉幕。

さて、余韻にひたるのも今日まで、来季を見据え戦力の強化。どうにもならん1年生をサポートするのが
僕の役目。あせらず待ってやること。今年の3年生から学んだことを実践するのみ。

毎日、0.3%の進化でいいじゃないかって自分に言い聞かせ、チームのサポートを続けたい。
[PR]
by ar51 | 2014-11-15 21:33 | 陸上部

メンテナンス

e0186025_20412077.jpg


穀類、例えば、米・麦・大豆。この品目を大規模にやるには、農業機械なしではできません。
そのなかでも主要3機種がトラクター・田植機・コンバインって言うやつです。

トラクターも1台では面積もこなせず、規模を追いかけると60馬力級が最低でも2台必要になります。
とにかくよく仕事で使うのがトラクター。修理もよくします。日常は、オイル交換程度なのですが
田んぼ仕事になると、しょっちゅう泥だらけ。

泥だらけになった分だけ、洗車もし、バキュームで室内を掃除、エンジンルームは、コンプレッサーで
ひとふきしてホコリを退治。これをやらないと、大変なことになってしまうのです。

メンテをほどこし、磨きが増したトラクターで次の日を迎えられると、気分がいいものです。
やっぱりピカピカが一番。
[PR]
by ar51 | 2014-11-12 20:42 | 田んぼ

BANDEL No.5

e0186025_19354780.jpg
学生時代、23歳までフットボールに熱中していた僕です。
楽しすぎた良き思い出。7年間、背負っていた番号が5番。

この番号は、僕のプライド。
43歳になっても気持ちは同じです。

慢性腰痛の緩和と共に、熱き魂も蘇り日々のトレーニング。
リストバンドも5番を選択。

手首にプライドを巻き付け、トレーニング開始といきます。






[PR]
by ar51 | 2014-11-10 19:36 | お気に入り

小麦の播種シーズン

e0186025_20024406.jpg
6月に収穫の小麦。お米の刈り取り作業が終了したと同時に、播種準備を始め
天気を見計らって播種を行っています。田んぼの受託面積も拡大し、近年
目標と定めていた受託面積に到達しました。

それに伴い、小麦栽培の面積も増え、例年より葉を喰いしばる回数が増えました。
これをこなせば男前やと自分に鞭を打って仕事に立ち向かっています。

けれど、さすがに疲れた。。。
生産現場は、いつも過酷です。

あと少しと思える所まで来ました。
頑張れと、自分に言い聞かそう!








[PR]
by ar51 | 2014-11-08 20:02 | 田んぼ